御徒町での金買い取りはAND ONEにお任せください。

English中文

金の買取相場が変動する要因は?

金の価値はどのように変動するかを知っておくと、投資をする場合に大きなメリットがあります。

メリット1

細かく分けていくと、アメリカの通貨のドルと関係があるとされているのが一つ目です。基本的にドルが安くなれば金は高くなる傾向がありますが、これはドルが安くなった時にリスクヘッジとして購入するためです。
そのため、どちらかの相場がわかっていれば逆の動きをするため、先読みしやすいでしょう。

もちろん絶対に相関関係があるわけではありませんが、おおむね反対の動きをすることは現在わかっています。
どちらかといえば、ドルの方が後から動き出しますのでドルを購入する場合や売却する場合には金の相場を見ておけば将来を見抜くことも不可能ではありません。

メリット2

二つ目は、地政学的なリスクが起こった時に変動する可能性があります。

例えば、どこかの国で戦争が起こった場合、その国の通貨を売却して金を購入することがあります。

特に、アメリカや中国あるいはソ連といった世界的にも大きな国で戦争が起こった場合には、注意が必要なところです。
ただ、最近は戦争がおこったとしても大きな変動は考えられず、どちらかといったらその国の通貨の方の変動の方が大きくなる可能性があります。

メリット3

3番目は、需要と供給のバランスから変動が起こることが考えられます。
これは日本ではなく世界的な視点で見てみると、人口が多い中国やインドなどで景気が良くなると、金を購入する人が増えてきます。

そのため需要の割には供給が不十分になり価格が上昇することが考えられます。

その一方で、金脈が発見されるなどの出来事がある場合には供給が大きくなるため価格が下がる可能性も出てきます。
ただ現在のところは新たに発見される鉱山は少なく、どちらかといえば横ばいないしは減少傾向にあります。

そのような理由から、買い取り相場が高くなりこれから売却したいと考えている人にとっては有利な結果が生まれやすいです。

メリット4

最後は、年金ファンドが参入した場合に、大きく変動し上昇する可能性があります。
これはオーストラリアやロンドンなどの年金ファンドがその国の通貨ではなく金を大量に購入することで全体的に需要が過多になるため相場が上がってくる可能性があるでしょう。
ファンドとしてもその国の通貨に危険性を感じれば、通貨だけ所有していると破たんしてしまい可能性があるためわざわざ購入するようにしています。

これが各国で行われれば、大きく買い取り相場が上昇してしまう可能性も否定できません。